電位治療器を比較してみました!

じっくり体調改善!電位治療器の情報まとめサイト

中古販売業者に注意!

ここでは、電位治療器で一般的になっている、中古購入について紹介しています。

電位治療器の中古販売の落とし穴

インターネットで電位治療器の情報を検索していると、多くの中古販売業者の情報に行き当たります。確かに電位治療器は安い買い物ではないので、メーカー価格の20%~80%と言う価格帯は魅力的に映ります。しかしトラブルが多発しているので、注意しなければなりません。

実際どのような点に気をつけなければならないのか、以下にまとめてみました。

その1●基本的に法律違反

電位治療器の中古販売は、以下の薬事法施工規則第170条に抵触しています。

高度管理医療機器等の販売業者等は、使用された医療機器を他に販売し、授与し、または賃貸しようとするときは、あらかじめ、当該医療機器の製造販売業者に通知しなければならない。

しかし現状では、中古販売業者から製造販売会社への報告が行われていないそうです。電位治療器の中古販売は、法律違反なのです。

その2●使用・製造年数がかなり古い場合がある

中古品ですので、型式が古い電位治療器の場合、製造して10年以上が経過している商品や、保存状態の悪い商品も多く出回っています。

その3●アフターサービスがない

正規ルートで購入した製品でないと 、メーカーのアフターサービスやメンテナンスを受けられません。もちろん、保証もないのです。

その4●付属の消耗品が購入できない

電位治療器本体は長期に渡って使用できるものの、電床マットや絶縁シートは、消耗品となります。各メーカーでは、およそ2年程度の切り替えを推奨しています。ところが電床マットや絶縁シートは、正規購入者のルートでしか買えないのです。

その5●修理対応もむずかしい

中古販売店では、商品の修理が出来ません。電位治療器は医療機器になるので、その修理を行う場合、「医療機器の修理業届け」を都道府県に提出し、許可を得る必要があるからす。そしてほとんどの中古業者は、これを取得していません。

もし「修理が可能」と謳っている業者がいても、鵜呑みにするのは危険。届出を出しているか否か、きちんと確認する必要があります。

このような背景から、購入してからすぐ故障が見つかると、大損をする可能性も…。やはり電位治療器は新品購入するのがベターです。

電位治療器を比較してみました!