電位治療器を比較してみました!

じっくり体調改善!電位治療器の情報まとめサイト

HOME » 電位治療器の基礎知識 » 副作用の有無

副作用の有無

電位治療器に副作用はあるのか?調べています。

電位治療器に副作用はない!

お年寄りカップル電位治療は、普通とは異なる状態に身を置くため、身体のどこかに変調をきたすのでは?と心配する方がいるかも知れませんが、基本的に副作用がない治療方法です。

薬のように摂取して体内に取り入れるものではなく、電界が身体を包み込むだけなので、副作用の心配はほとんどありません。

ただし、電界医療機器を始めて使う場合や、長期間使用しないで再び使い始める方の中には、まれに通電反応という一過性の生体反応が起こる場合があります。

通電反応とは、身体がビックリして起こる現象で、体質や体調などにより、頭痛、だるさ、かゆみなどの症状が現れたり、長時間使用すると、湯あたりのような状態になる場合があります。

電位治療は、身体が慣れるまでに多少時間がかかるもの。通常であれば、2、3日以内でこれらの症状は無くなるため、全く心配はいりません。

電位治療器が使用出来ない人

次のような疾患・症状の方は、使用することができないので、注意が必要です。

  • ペースメーカー、植込み型除細動器など、電磁障害の影響を受けやすい体内植込み型医用電気機器を使用している方
  • 人工心肺などの生命維持用医用電子機器を使用している方
  • 心電計など装着形の医用電子機器を使用している方
  • 心臓病などで激しい運動を制限されている方
  • 発熱性・出血性疾患の方
  • 妊娠中毒症等の体力が極度に弱った方、重篤と思われる疾患・症状の方

また、次のような方は使用前に医師に相談してから、使用するようにしてください。

  • 悪性腫瘍のある方
  • 心臓に障害のある方
  • 妊娠初期の不安定期または出産直後の方
  • 体温38℃以上の方
  • 急性炎症症状(倦怠感、悪寒、血圧変動など)の強い時期にある方
  • 衰弱している方
  • 安静を必要とする方
  • 脊椎の骨折、捻挫、肉離れなど、急性疾患の方
  • 糖尿病などによる高度な抹消循環障害による知覚障害のある方

電位治療器を比較してみました!